読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

城壁が語る世界遺産☆今帰仁城址(なきじんじょうあと)★〈3〉沖縄本土満喫4泊5日の旅

城壁が語る世界遺産☆今帰仁城址(なきじんじょうあと)★〈3〉沖縄本土満喫4泊5日の旅

次の見学地は沖縄美ら水族館から7?離れた今帰仁城址(なきじんじょうあと)美ら水族館から観光バスで約10分の場所にあります。所在地は、沖縄県国頭郡今帰仁村今泊*****これから行く今帰仁城址は、沖縄本島が北部地域を北山、中部地域を中山、南部地域を南山がそれぞれ支配した「三山県立」時代の北山王の居城でした。北山王は、今帰仁城主として約240年間、3代続きました。しかし1416年日本は室町時代に、中山の尚巴志に\xA4
茲辰凸任椶気譟∨婿海箸靴討領鮖砲遼襪鯤弔犬襪海箸砲覆蠅泙后8紊房麥ぞ襪了拉朮爾砲呂い蝓⊆麥いǂ蘿標唎気譴心銅蕕\xAC9代にわたって今帰仁城を治めることになりました。時は江戸時代1609年、襲来した薩摩軍によって城は焼き討ちにされ廃城となりました。それ以降は、祈りをしたり祭りを行う場所として地域住民に大切にされてきた歴史があります。外郭を含めると7つの郭からなり首里城とほぼ同規模で、城を囲む外壁は曲線を描き美しく、また高くて堂々として見応えあります。バスツアーの今帰仁城址見学時間はたったの50分。急ぎ足で見学しました。



記事引用元
城壁が語る世界遺産☆今帰仁城址(なきじんじょうあと)★〈3〉沖縄本土満喫4泊5日の旅



フトユビシャコ その2



沖縄県備瀬崎でシュノーケリング中にフトユビシャコに出会いました。
浅瀬なので太陽の光も届いていてきれいに撮れています。・・・続きはこちら⇒フトユビシャコ その2